藤野アートビレッジ充電ステーション

2015/3/8 看板を設置してみたよ!

 

 前回の投稿からなんと2年も経っている!月日が経つのは早いなぁ…不調だったコントローラーはラボに持ち帰っても同様の不調を示したためメーカーに現象を伝えて修理を依頼、戻ってきてからはすっかり元気に動いています。

 さて、2012年からぼちぼち続けてきた充電ステーションプロジェクト、2014年度を以って一応の完成を見ようということで、各所にしっかりした看板を設置しようということになりました。まずは1号機。デザインから制作まで、藤野電力総帥にしてデザイナーが本業の吉岡さんにおんぶにだっこで完成です!看板下部は黒板のようになっていて ”本日のメニュー” がチョークで書ける!?藤野に来たら探してみてね。

2013/7/6 今度はコントローラーがおかしいねぇ

 

 バッテリー交換後の様子を見に行って見ると、かんかん照りのいい天気にもかかわらずパネルの発電量が9W!?バッテリーがいっぱいな訳でもなくフロート充電の状態でもない。おかしいなと思い、パネルからの入力をいったん切り、再接続。250、260、270Wと正常な発電状態に直る。その後、ちょくちょく様子を見てみるがやはり発電してないことが多い。コントローラーとインバーターを納めている機材小屋の上段は、屋根が透明がかったプラスチックの波板なのでとても暑くなっている。とりあえず屋根の上に日除けを付けて、コントローラーを交換。この後は、問題なく落ち着いています。さてさて、次は取り替えてきたこのコントローラーを検証しなきゃ。 

2013/6/26 トラブル発生、後日談

 

 とりあえずバッテリーを4つとも交換して、コントローラーの設定を確認。あれ!?設定値のバッテリータイプが違う。どうりで充電の値がひとまわり高いはずだ。続いてバッテリーの様子を観察。よくよく見ると4Vのバッテリー、過去にショートしたような跡が。内部抵抗もこれだけ高い。ここからは推測。4つ直列につないだバッテリーのひとつが内部抵抗が高く、さらに規格外の高電圧に晒されたため液漏れして電圧低下かなぁ。とりあえず何事もなくてよかったけれど、これから先メンテナンスのことも考えなきゃですね。

2013/6/16 トラブル発生!トラブル発生!緊急出動!

 

 電動バイクを充電しようと思った藤野電力の仲間、山本康太郎さんから緊急通信「電気がこないよ」。とりあえず鍵を開けて中を見てもらったところなんとバッテリー電圧が39.9V!? 12Vを4つ直列につなげた48Vシステムなのでひとつあたりの電圧に換算すると10Vを切っている!からっけつじゃないですか・・・やばい・・・ということで、急遽様子を見に行って見る。ひとつひとつのバッテリー電圧を測ってみると12V、12V、12V、4V!? これだ。4Vのバッテリーは密閉蓋の隙間からなにやら電解液が漏れだしているような様子。なぜこうなったか原因はまだわからないけど、パンクみたいな現象なのかなぁ。なんで一個だけパンクしたんだろう?

2013/4/27 充電ポストがひとつできた( ・ Д ・ )ノ

 

 先に作った機材小屋にはコントローラー、バッテリー、インバーターといった主要機材が入っていますが、普段は扉を閉めて鍵をかけてあるので自由に電気を使えません。そこで、機材小屋からコードを引き出しウッドデッキの前に電源タップを用意して、いつでもみんなが使えるようにしてみました。

 

 

相模湖に流れ込んで来た流木や、藤野のプラスチック屋さんが作ってくれた防水アクリルボックス、電源タップなど、みんなで材料を持ち寄ります。

 

とんてんかんてん、流木をてきとーに打ち付けます。ボートのオールなんかもあったので、それも上手に取り付けちゃいました。

 

こどもたちがつくってくれた小さな小屋もとりつけて、はい完成!とても楽しい作業でした。近々、もうひとつ作ります。お手伝い大募集です!

2013/3/16 市民発電所1号機完成

 

 藤野の様々な観光スポットにちょっとした充電ステーションを作って回ろうという企画、「藤野アートビレッジ」にとうとう1号機が完成しました。バッテリーなどを格納する機材小屋は、トランジション藤野の仲間「森部」が間伐した近所のヒノキ。それをとなりまちの家具工房「Studio Y,E'S」で製材して組立てました。続いて、EVバイクや電動自転車でふらりと寄ってくれた方がさっと充電できるように、充電ポストをこしらえま~す。

藤野アートビレッジはどこ?