藤 野 電 力 と は

2011年3月11日の震災、そして福島の事故を機に、

今まで当たり前として世の中にあった様々な常識がほころびつつあります。

安全安心に毎日を暮らしていくには、

エネルギーも今までの中央集権型から、

住民が自ら参加出来るような自立分散型へ移行していきたい。

そしてエネルギー消費自体を少なくしつつも、

我慢ではなく、より新しく、より楽しく生きていけるような、

暮らし方へと移行していきたい。

藤野電力とは、自然や里山の資源を見直し、

自立分散型の自然エネルギーを地域で取り組む活動です。

そして目指すものは、エネルギーシステムの移行自体より、

むしろそれによってもたらされる、地域の豊かな未来なのです。